2011年04月30日

またたびさんのブログから

http://ameblo.jp/nyancoouchisagashi22/entry-10876013100.html

またたびさんのブログに掲載されている動物たち
まだ生きていてくれるかな。

28日昨日原発20キロ圏内の動物保護に県が保護した動物は
たったの5匹。今日はどうだったんだろう?
どうも作業した人の人数は10名だそうです。

5000頭も上回る犬や猫たちがまだいるはずなのに・・・・

もう怯えちゃって人間に近寄らなくなっちゃっているから
保護できないのかな・・・・・
人間がいないところに置いてきぼりになり暗い夜
どんな思いでいるかとおもうと胸が痛いです。

置いてきぼりにされ、おなかをすかせ、辛く寂しい
日々を送らされている動物たち、どんどん心を閉ざしてしまいます。


警戒区域内の動物(ペットまたは家畜等)を救護するために
特別に組織された専門家チームを一時立ち入り許可してください。


海外署名サイトCare2で、
「原発避難区域で動物救済の許可を求める」署名をつのっておられます。
記入は英語ですが簡単な入力で済みますー。
●Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone
http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 00:51| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

三原じゅん子氏、首相官邸に乗り込み被災地のペット支援要請

三原じゅん子氏、首相官邸に乗り込み被災地のペット支援要請
 自民党の三原じゅん子参院議員(46)が28日、初めて首相官邸に乗り込み、被災地のペット支援を政府に訴えた。

 参院自民党「動物愛護プロジェクトチーム」(会長・山本一太参院議員)の事務局長として、福山哲郎官房副長官と面会。ペット帯同可能な仮設住宅の早期設営、獣医師による巡回などの対策を盛り込んだ要望書を枝野幸男官房長官ら4人あてに提出した。

 福島県によると、福島第1原発20キロ圏内の警戒区域内で登録されている犬は約5800匹。10日に南相馬市を訪問した三原氏は「動物たちは避難所に入れずに飼い主と離ればなれで暗い中で過ごしてる。一日も早く対応してほしい」と現場の声を代弁した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110428-OHT1T00284.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 00:19| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

.福島第1原発 20キロ圏内でペット犬救出作業

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000034-maip-soci

福島第1原発 20キロ圏内でペット犬救出作業
毎日新聞 4月28日(木)21時12分配信


南相馬市の原発から20キロ圏内で保護された犬=2011年4月28日(環境省提供)

 福島県は28日、東京電力福島第1原発から20キロ圏内の「警戒区域」に取り残されたペットの保護を震災後、初めて行った。狂犬病予防法などに基づく措置で、主に放し飼い状態になっている犬が対象。つながれた犬や猫などは現場で獣医師が衰弱度合いを見て判断する。

 この日は南相馬市小高地区と葛尾村で獣医師7人を含む11人で約2時間かけて捜索。犬5匹と猫1匹を保護した。捕獲した場所でスクリーニング検査を行った。

 保護した犬の飼い主が分からない場合は県のホームページで公開し、一定期間が過ぎて飼い主が現れなかった場合も新たな飼い主を探し、処分などはしない方針。【須賀川理】

福島第1原発事故 福島県、半径20km圏内でペットの保護開始 28日は6匹の犬と猫保護
フジテレビ系(FNN) 4月28日(木)19時26分配信
※「連続再生オン」にすると、自動的に同じカテゴリの次の映像が再生されます。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110428-00000360-fnn-soci

福島県によると、28日から獣医師や県の職員らが、福島第1原発から半径20kmの警戒区域に指定された南相馬市などに入り、犬や猫の保護を開始した。
ペットの保護は、警戒区域の一時帰宅を前に、実態把握と被害を防ぐために行われ、28日は6匹の犬と猫が保護された。
保護活動は28日から5日間行われ、県のウェブサイトに保護したペットの情報を載せて、飼い主を見つけるという。.最終更新:4月28日(木)19時26分


福島第1原発事故 「警戒区域」に残されたペットの実態調べ、区域外で保護へ
※「連続再生オン」にすると、自動的に同じカテゴリの次の映像が再生されます。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110428-00000318-fnn-soci
フジテレビ系(FNN) 4月28日(木)6時38分配信

福島第1原発から半径20kmの「警戒区域」に残されたペットの実態を調べ、弱っている犬や猫を区域外に連れ出して保護する作業が、28日から5月2日まで行われることになった。
福島県などによると、28日午後1時から、獣医師や県の職員、それに環境省の職員らが、「警戒区域」に指定された南相馬市小高区や葛尾村に入り、路上や庭先で見つけた犬や猫の衰弱程度で、優先順位を決めて保護するという。
健康なペットには餌を与え、次回以降、保護するという。
区域外に連れ出したあと、放射性物質の付着度合いを調べて、問題がなければ、県内の施設で一時的に飼育し、写真などをネットに掲載し、飼い主との連絡を取ることにしている。.最終更新:4月28日(木)7時31分


警戒区域で犬5匹、猫1匹を保護 福島県、ペット救出

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042801000629.html
福島県は28日、福島第1原発から半径20キロの警戒区域になる南相馬市小高地区と葛尾村で、取り残されたペットの捜索を始め、食品生活衛生課職員や獣医師ら9人が犬5匹、猫1匹を保護した。

 県によると、衰弱したペットの救出と、避難者の一時帰宅の安全を確保する目的で、5月2日まで実施。2班に分かれ、路上を徘徊するなどしていた犬や猫に餌を与えて引き寄せ、ワゴン車内のケージに入れ保護した。

 犬1匹がやや衰弱していたが、ほかは健康な様子。放射性物質の付着度合いの検査では、いずれも除染は不要だった


東日本大震災:養鶏業者、負けない 餌尽き3万5000羽全滅−−宮城・山元
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110421dde041040008000c.html?inb=yt
宮城県山元町高瀬の養鶏場「山下ファーム」を経営する古山幸平さん(77)は、東日本大震災で飼育した鶏約3万5000羽をすべて失った。停電で鶏舎の暖房が切れ、鶏舎に通じる道の崖崩れで餌を車で運べなくなった。養鶏歴約30年で初めて、寒さと飢えですべての鶏を失った古山さん。だが「このままやめるわけにはいかない」と再起を誓う。

 養鶏場では1棟約210平方メートルの広さの鶏舎10棟に、食肉用の若鶏を放し飼いで育てていた。

 室内を28〜30度に保つ暖房設備や、井戸水をくみ上げるポンプの動力として、電気は不可欠。地震発生直後の停電には自家発電機で対応したが、備蓄していた燃料の軽油が底をついた。ガソリンスタンドはどこも閉まっていた。次第に餌もなくなっていった。

 水や餌を運ぶため町の災害対策本部に道をふさいだ土砂を除去するよう何度も頼んだが、震災直後で取り合ってもらえなかった。鶏舎の扉を開けると、鶏が大きな鳴き声を上げていっせいに近寄ってきたが、どうすることもできない。地震から1週間が過ぎ、暖房が切れ、餌も水もなくなると鶏は次々と死んでいった。

 死骸は産業廃棄物として処理しなければならないが、県の家畜保健所の許可を得て鶏舎の隣の敷地に穴を掘って埋めた。被害額は1000万円以上。「かわいそうなことをした。でもこのままやめるわけにはいかない。ずっとやってきたんだからな」。土砂撤去の見通しはたっていないが、古山さんは養鶏再開に向けて鶏舎の掃除を始めた。【遠藤浩二】




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 21:55| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

速報!福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染

TNR日本動物福祉病院のブログより
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110427.html#

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428k0000m040075000c.html

福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染
 福島県は27日、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる「警戒区域」にいる犬などのペットを28日〜5月2日に保護すると発表した。野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。スクリーニング検査をして必要があれば除染し、県内の保健福祉事務所などで保護するという。
 県によると、警戒区域内にいる狂犬病予防法に基づく登録犬は約5800頭だが、正確な頭数は分からないという。飼い主が分かれば市町村を通じて連絡し、居住先が決まれば返す。県のホームページで保護したペットの特徴を公開する予定。【松本惇】
毎日新聞 2011年4月27日 20時29分




良かった!!です。



--------------------------------------------------------------------------------


自民党政策審議会

4月27日(水)14時〜16時 20キロ圏内でレスキュー活動をされてきました他団体様、個人の方と三名で自民党政策審議会に出席させて頂きました。

議題は、「被災ペット等支援対策に関する要望事項について」
山本一太政策審議会長の挨拶 中川雅治座長より被災ペット等支援対策に関する要望事項についての説明 三原じゅん子動物愛護プロジェクトチーム事務局長の司会で進行しました。
環境省からは森本英香大臣官房審議官と、西山理行動物愛護管理室室長より被災ペット対策について説明がありました。

私たち三名は、資料を提出させて頂き、圏内の愛護動物や畜産動物の状況を詳しくお伝え致しました。
そして、警戒区域残留ペット救出のための立ち入り許可をお願いするとともに、動物保護グループ(含個人)に救出作業をさせて頂けますよう要望致しました。

丸川珠代先生、福島県選出の森まさこ先生、
国民の生の声を受け止めて下さり、人、動物共に救済するためにご尽力くださっています。
また、中川先生には今までにも何度もお力を頂いておりますが、今回も命に時間がないことも良くご理解くださいまして、このあと直ちに福山官房副長官に申し入れを行って下さるそうです。

要望事項のひとつは、
福島県内警戒区域及び計画避難区域等において取り残された、ペット・家畜等を放置して餓死させることになれば動物愛護法違反ともなります。動物救護に政府自らが積極的に取り組むべきものです。一時帰宅された方々によるペットの引取り並びに動物愛護団体・獣医師会等による警戒区域内での保護活動を特例として認めることを強く要望します。・・・というものです。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年(平成23年)4月25日THEペット法塾様が
原子力安全・保安院 、原子力被災者支援チーム 、農林水産省、 畜産部振興課環境省、 自然環境局総務課動物愛護管理室、 福島県 、農林水産部畜産課、 福島県 各市町村長  宛てに 
 警戒区域内の動物(ペットまたは家畜等)を救護するために特別に組織された専門家チームを「緊急事態応急対策に従事する者」として、または、市町村長が認める一時立ち入りとして、警戒区域内に入らせる旨の緊急措置を
求める要望書を提出されました。 

要望書             
http://www.the-petlaw.com/pdf/20110425_yobo.pdf

要望団体 一覧
http://www.the-petlaw.com/pdf/20110425_yobo_2.pdf

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 23:25| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府は本当のことを言ってください

藤野元議員さんのブログみてほっとしていたら・・・・・
TNR日本動物福祉病院さんのブログを読んだら・・・・涙

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110427.html#

政府は本当のことを言ってください


相双保健所のご協力で多頭の動物の救出保護を予定し時間なども詰めていた現地の方Aさんより、午前の話とは全く違った救出中止の連絡が入りました。保健所より二度の電話があったそうです。

一度目は17時の電話。
「犬は持ち出しできないことになった。」というもの。外にいて被爆しているからという意味なのか。
Aさんが救出要請している犬は室内にいますが、犬はすべて出せないという表現なのだそうです。

また、飼い主要請は要請が多く対応しきれなくなったので中止と告げられたそうです。



更に、17時半、二度目の電話で、「救出保護は中止です。」と告げられたそうです。
これは、保健所職員さんの意思ではなく上からの中止命令によるものだそうです。


いったいどうなっているのか。
動物を苦しめ、国民を苦しめるのはやめて下さい。
政府は、本当のことを言って下さい。

--------------------------------------------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 21:35| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圏内ペットへのフード支給

※藤野元議員さんのブログより

http://ameblo.jp/makiko-fujino/entry-10873825367.html



「連休中の、圏内ペットへのフード支給、

環境省は対応する予定、とのこと!連休中、命繋がりそうです」


まだほっとできないけど、対応必ずしてください!!!!!




被災猫「もなか」、温かく見守られお母さんに 難産の末
http://www.asahi.com/national/update/0427/OSK201104270008.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 21:21| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーさんのブログから・・・・

このチャンスをのがさない! 一時帰宅、連休中にも開始!
警戒区域に残された動物脱出のために車両、ヘリの出動を要請して下さい!


テレビ報道では一部市町村で早ければ連休中にも一時帰宅を始めるとのことです。
今のところ、動物連れ帰り用の車両が出るかどうかは未定です。
このチャンスを逃すことがないよう
ありとあらゆる所に、動物救出用車両を出すよう要望しましょう。

みのもんた『朝スバ』を見た支援者の方からお知らせいただきました。

新潟地震の時は山古志村全ての家畜をヘリ400回飛ばして移動させました。
チェルノブイリ原発事故では多くの牛や豚車両で移動させたそうです。
今までにもできたはずとみのさんが非難していました。家畜の移動先としては北海道の休牧地がたくさんあると言っていました。

現政権はなぜできないのか、過去の例からもできるはずです。命ある動物を救済するのは当たり前のことです。
首相官邸、環境省、農林水産省、原子力安全保安院、各自治体、市町村 議員、自衛隊 災害時救援動物本部、等考えられるところに訴えて下さい。
一時帰宅後の自衛隊以外の人間の立ち入りはできなくなると聞いています。

今できることを。



嘆願例文です。ご自由にお使いください。

警戒区域への住民一時帰宅時にペット等動物を保護し圏外へ救出できるよう、車両を出して下さるようお願いいたします。
家畜も積極的に受け入れ場所を探し移動して下さい。やむを得ぬ家畜の殺処分は『安楽死措置』として下さい。


嘆願先

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

ここから各省庁へメールが送れます。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

環境省
https://www.env.go.jp/moemail/

農林水産省
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

防衛省・自衛隊
https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

福島県
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp;



--------------------------------------------------------------------------------


藤野真紀子元議員オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/makiko-fujino/

--------------------------------------------------------------------------------


私も新潟の地震のとき、ヘリで大きな牛を運んでいたのを覚えています。
なぜ今回は放置するのか。理解できません。
小さくても命は命。弱いものを見殺しにするなんて胸が痛いです。
今までやってこれたこと、やってください。

今も国会の中継みていたけれど、国の余裕金10兆円を復興のために使うという提案
を突きつけられて、それに対しての答えが。。。マーケットに影響するだとか
信頼を失うだとかいっているけれど・・・・過去に11回使ってきたなら今回も
使えばいいじゃない・・・

なぜ困ったときに使うことに問題があるのか?聞いていていらいらします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 17:13| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飯田基晴さん(犬と猫と人間と監督)のブログより】レポート:原発20キロ圏警戒区域に残された犬と猫

政府・自治体にお願いです。
20キロ圏内に残された動物たちに餌をあげること
通行許可をだしてください。


http://lowposi.jugem.jp/?eid=255




ホテルサンロードさんが、mixiで以下の書き込みで
情報拡散をお願いしています。

各県自治体が被災者受け入れを開始したが、ペット連れでの避難が出来ず、バスにも乗れない。
泣く泣く犬や猫を置いて来る人達が増えているとの事。
(市営住宅や県営住宅・ホテル等は受け入れ禁止となっている為)

中には、犬のリードを外し一旦避難をしたが、どうしても諦めきれず、
泣きながら徒歩で引き返し置いてきた犬を探したが見つからなかったという人も・・

人命も大切です。
でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけるでしょうか?
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、どんなに苦しい事か・・・

大きな避難所には自衛隊や愛護団体・ボランティアの方々が行ってくれています。
しかし、小さな避難所には救援物資も届いていない状態。
わんこを置いて避難できない人は、壊れた家で寒さに震えながら、
わずかな食料で命を繋いでいます。
わんこも茹でていないパスタをかじっているとの事。
三日も四日もご飯を食べていない人も動物も・・・


私たちは決断しました。
無料で被災者を受け入れる事を!


一家族でも多く救いたい!!
一匹でも多く家族の側で暮らさせてやりたい。



伊東市も救出・移動手段など検討会議して下さってます。
わんこを手放すこと最後まで諦めないで下さい。


ペット宿を営んできて11年。
これからが私達の恩返しかもしれません。



伊豆高原(静岡県) プチホテルサンロード 
大川 愛子(ポチ母)緊急ですので実名を入れて戴いて結構です。
http://www.mmjp.or.jp/echobridal/sunroad.htm





警戒区域にペットを残してきた飼い主さん、20キロ圏内から
脱出してきた犬猫を助けてあげてください。
動物達は飼い主さんのこと探しているのだとおもいます
24日福島県に個人で出向かれた人の情報で、原発20〜30km圏に
以前20km圏内で見かけた犬が複数目撃されたとのことです
20キロ圏内から自力で脱出してきている犬猫がいます。
飼い主さん探してあげてください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by うめりん at 09:09| Comment(0) | 犬猫救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NASDAQ

NASDAQチャート

米ドル/円

USD/JPYチャート

ユーロ/米ドル

EUR/USDチャート

日経225

10,836.64 +28.35(+0.26%) 日経平均株価チャート

韓国 KOSPI

1,977.22 -11.89(-0.60%) 韓国KOSPIチャート

中国 上海総合

2,926.96 +3.07(+0.10%) 中国上海総合指数チャート

台湾 加権

8,683.88 -29.08(-0.33%) 台湾加権チャート

香港 HANG SENG

23,301.84 +144.87(+0.63%) 香港HANGSENG指数チャート

シンガポール ST

3,082.83 -11.89(-0.38%) シンガポールSTチャート

オ-ストラリア ASX

5,026.00 +7.40(+0.15%) オ-ストラリアASXチャート

インド SENSEX30

18,506.82 +0.00(+0.00%) インドSENSEX30チャート

イギリス FTSE100

6,072.37 -12.90(-0.21%) イギリスFTSE100チャート

フランス CAC40

4,135.90 -15.36(-0.37%) フランスCAC40チャート

ドイツ DAX

7,381.51 -32.79(-0.44%) ドイツDAXチャート

イタリア FTSE MIB

23,080.04 -87.54(-0.38%) イタリアFTSEMIBチャート

スペイン IBEX35

11,055.50 +7.70(+0.07%) スペインIBEX35チャート

オランダ AEX

371.67 +0.18(+0.05%) オランダAEXチャート

カナダ S&P TSX

14,036.30 -22.88(-0.16%) カナダS&PTSXチャート

メキシコ IPC

37,074.93 +123.68(+0.33%) メキシコIPCチャート

ブラジル Bovespa

67,323.90 -246.86(-0.37%) ブラジルBovespa指数チャート

アルゼンチン Merval

3,460.04 +45.98(+1.35%) アルゼンチンMervalチャート

スイス SMI

6,682.99 -28.66(-0.43%) スイスSMI指数チャート

ロシア RTSI

1,875.82 -1.62(-0.09%) ロシアRTSIチャート
最近の記事
QRコード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。